数学苦手 簿記 会計士

公認会計士・会計・ファイナンス

数学が苦手でも簿記は受かれる!!数学超苦手な僕が公認会計士になれた方法

更新日:

スポンサードリンク

数学苦手なのに簿記検定に受かるのだろうか?

 

「そもそも数学出来ないのに簿記が出来るはずがない」

 

「僕は数学が苦手だから受からない」

 

数学苦手組の得意文句ですよね、「数学苦手だから○○できない」って(笑)

 

こんにちは、ひでともです!

 

最初からちょっと煽り気味に書いてしまいましたが、僕も数学超苦手ですし、受験生時代の僕の口癖は「数学苦手だから」です。

 

どれくらい苦手かと言うと、足し算引き算の暗算ミスを普通に連発するくらい苦手です(笑)

 

はい、小学校の算数ですら苦手なんです。

 

勉強を通して感じたことは、簿記合格や会計士になれるか否かは数学の得意不得意ではなく考え方ひとつなんだと思います。

 

もしあなたが数学が苦手でも簿記検定どころか公認会計士試験にだって合格出来るんだと自信を持っていただけたら嬉しいです。

 

スポンサードリンク

数学苦手でも公認会計士になれた

 

先ほども書いた通り、僕は数学が超苦手です。

 

びっくりするくらい数学の才能がないと思います。

 

そんな僕でも公認会計士試験に合格することができました。

 

苦手でも考え方を変え、努力して会計士になって本当に良かったと思います。
>>公認会計士のメリット!僕が会計士になって良かったと思う7つの理由。

 

つまり、数学苦手でも努力でなんとかなるという事です。

 

あなたの数学力チェック

 

次の問題に答えてください。

2+7=?

36-11=?

8×9=?

100÷5=?

 

全問正解出来た方、

 

おめでとうございます、簿記検定合格です。

 

この問題が解けたなら、もうこの先は読まなくても良いくらいです。

 

むしろどうやって勉強するかについて知って欲しいです。
>>簿記3級に独学合格を目指すための学習時間と勉強法

 

足し算引き算割り算掛け算、これが理解出来ているなら簿記検定だけではなく公認会計士試験にだって受かります。

 

算数の基礎の基礎の基礎が分かっていれば問題ありません。

 

何より簿記検定には電卓が持ち込めます。

 

暗算力すら不要です。

 

数学苦手でも簿記は出来る

 

簿記や公認会計士試験は難しい数学の問題が出る、もしくは得意じゃなきゃついて行けない、そんな感覚に陥りがちですよね。

 

でもそれ、「幻想」です。

 

僕が簿記をやっていて一番難易度が高いと思った数学の問題は何だったと思いますか?

 

答えは「連立方程式」です。

 

工業簿記・原価計算の問題に登場しますが、これより難しい問題はほとんど出ません。

 

例えば割引現在価値を求める計算だって、ただ将来の価額を利率で割るだけです。

 

数学としての問題の難易度は低いと思います。

 

これはもちろん公認会計士試験でも同じです。

 

経営学で少し難しい問題が出ますが、パターンは同じなので一度理解すればなんて事ありません。

 

数学出来ないから簿記ができない?

 

なぜ簿記が出来ないのが、数学が苦手だからと感じるのでしょうか?

 

僕なりに考えてみた結果は、初めての事だらけだからです。

 

単純な理由だと思います。

 

例えば初めて日本史を勉強するとします。

 

当然知らない事だらけですので大変ですよね。

 

そこであなたは「俺、日本語苦手だから日本史無理だわ」と思うでしょうか?

 

普通は思わないはずです。

 

「初めて知ることだから知らないことだらけで大変だな」と感じるだけのはずです。

 

これと同じ事が簿記にも言えます。

 

貸方借方だの減価償却だの、しーくりくりしーだの、何やら訳の分からぬ呪文が飛び交うのが簿記。

 

それにくっついて算数がいる。

 

だから算数、数学が難しいと感じてしまうのかもしれません。

 

初めての事に対し難しいと感じるのは当然だと思います。

 

けれど、それは数学が苦手だからではないんです。

 

数学苦手な人の簿記の勉強法

 

これは簡単な話です。

 

反復練習をしましょう。

 

1回で出来なければ2回、3回と繰り返し続けるだけのことです。

 

理論科目と同様繰り返し、繰り返し勉強することでドンドンできるようになります。

 

もちろん最初は全然できませんが、それを乗り越えればグッと成績が伸びます。

 

先ほどもお話しましたが、簿記が苦手な理由が「簿記の問題の練習が足りない」か「数学が出来ない」の二択だとしたら99.9%前者が原因です

 

分かるまでやるだけの事です。

 

だからこそ数学苦手で簿記を学んでいるあなたや、その先の税理士や公認会計士を目指そうとしている方に「数学苦手だから・・・」と諦めないで欲しいんです。

 

ちなみに、僕が具体的な計算例を一切出さない理由が分かりますか?

 

数学が苦手だからです(笑)

 

数学苦手で公認会計士が出来るのか

 

数学苦手でも公認会計士が出来るのか?

と疑問に思う人も多いでしょう。

 

出来ます。

 

例えば前期に100円だった勘定が今年1億になってたらどう思いますか?

 

「何かあったんだろう」と感じるはずです。

 

そうすれば会社に質問するなり資料見るなり考えますよね。

 

その「何か変だなと思う感覚」と「計算する能力」は全くの別物です。

 

もちろん数学が得意なら気が付けることもあるかもしれません。

 

でも、会計士試験の勉強で繰り返し問題を解くうちに自然と算数がある程度出来るようになってきます。

 

だから全然大丈夫です(笑)

 

最後に・・・

 

たしかに計算の要素が強い簿記。

 

「数学が苦手だから」という気持ちに誰しもなりがちですよね。

 

でも今回この記事を読んでくださったあなたならもう分かるはずです。

 

練習不足本当に出来ないことの違いについてです。

 

自信を持って反復練習していけば絶対できるようになります!

 

頑張ってみてください!!

 

最後に一言。

 

数学が苦手でも会計士になれます。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-公認会計士・会計・ファイナンス

Copyright© ひでともブログ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.