公認会計士・会計・ファイナンス

ファイナンスリースとオペレーティングリースとは!? 違いを徹底解説!!

更新日:

スポンサードリンク

「ファイナンスリースとオペレーティングリースって何が違うんだろう?」

 

こんにちは、ひでともです!

 

簿記や会計を勉強している人だけでなく、初めて経理担当になった時に抱く素朴な疑問です。

 

会計処理はたしかに違うけど、一体何が違うんだ!?

 

そんな事を僕も昔思っていました。

 

突然ですが質問です!!

ちゃんとファイナンスリースとオペレーティングリースの違い、分かってますか??

これを知っていないと大変な事に・・・

 

はならないかもしれませんが(笑)

 

知っておいて損はありませんし、基本的に知っていた方が実務上も勉強のときも、役に立つ知識です!

 

あなたがこれから簿記2級や1級場合でも、

さらに税理士・会計士を目指す人でも、

初めて経理担当になった担当者でも、

 

「あーなるほどね!」

 

と思えるようにファイナンスリースとオペレーティングリースの違いについてお話します!

スポンサードリンク

そもそもリースとは?

 

リースってなんぞや。

 

そんなあなたのために、まずはリースについてザックリお話します。

 

会計基準では、リース取引とは以下の様に定義されています。

 

「リース取引」とは、特定の物件の所有者たる貸手(レッサー)が、当該物件の借手(レッ シー)に対し、合意された期間(以下「リース期間」という。)にわたりこれを使用収益する権利を与え、借手は、合意された使用料(以下「リース料」という。)を貸手に支払う取引をいう。

企業会計基準第13号:リース取引に関する会計基準

 

はい、読む気無くしますね(笑)

 

正直読まなくて良いです。

 

簡単に言えば、500万円の家が欲しいけど、現ナマで買えないからレンタカー屋(リース業者)から借りて使う。

 

この賃貸契約をリース取引と呼びます。

 

それを難しく、がたがた言うとあんな感じになります。

 

リースのイメージがしやすいモノ

 

・レンタカー屋でクルマを借りる
・大家さんから部屋を借りる
・TSUTAYAでDVD借りる

リースのざっくりのイメージはこれでOK!

要するにレンタルですね!

 

ファイナンスリース取引とオペレーティング取引とは?

 

ファイナンスリース取引とオペレーティング取引とは実際にそういう取引の種類はないんです。

 

同じリース会社からモノを借りるという取引を、会計処理をする上でどっちで処理しますか?という処理の方法です。

 

なので、リース取引の内容によってどっちで会計処理するのー?

 

という処理方法の違いがファイナンスリース取引とオペレーティングリース取引です。

 

ファイナンスリース取引とは

 

ファイナンスリースとオペレーティングリースは処理方法の違いですと言いました。

 

ファイナンスリースはどういう考え方か

※細かい設定の違和感は無視してください(笑)

リースの場合

 

以下の図をご覧ください。

 

あなたがレンタカー屋(リース会社)さんに350万円相当のクルマを3年間貸して!

と頼みます。

 

するとレンタカー屋さんはあなたにクルマを貸すため、お金を借りてディーラーからクルマを買って、あなたに貸してくれます。

 

レンタカー屋さんはクルマを買うためにお金を借りています。

 

お金を借りると利息が掛かっちゃうので、諸々含めてあなたに月10万円のレンタル料(リース料)を請求します。

 

あなたは毎月10万円のレンタル料(リース料)を支払います。

 

そうすると3年後に支払ったレンタル料は10万×12か月×3年=360万円です。

 

では買った場合とと比べたらどうでしょう?

購入した場合

・あなたが350万円お金を借りる。
・あなたが350万円でクルマを買う。
・借金を毎月10万円ずつ3年間で返済する。

 

自分で購入する際に支払った金額:360万円
リース業者に支払った金額   :360万円

 

いかがですか??

 

自分でクルマを買った場合とほとんど同じに見えませんか?

 

実際に買った場合と、借りた場合、手段は違えど経済的な実態が同じなら同じ処理をした方が良い。

 

借りているけど買っているのと実態は同じだね、という場合には買った場合と同じ処理をしましょうという会計処理がファイナンスリース取引です。

 

ちなみにファイナンスリースに該当するにはいくつか要件があり、中途解約不能・フルペイアウトという要件によって判定されます。
関連記事:リース取引の種類と所有権の移転・移転外を徹底解説!

基本的な会計処理

 

それでは基本的な会計処理について説明していきます。

 

手順は次の通りです。

1.リース資産とリース債務を計上する。
2.期末に減価償却をする。
3.リース債務の返済と利息計上をする。

 

1.リース資産とリース債務を計上する。

まず、レンタルだけど実際にはお金を借りて買ったのと同じなので、リース資産を計上します。

そして「お金を借りている」ので借入金を計上しますが、これをリースではリース債務と表現します。

(借)現金         350(貸)リース債務350
(貸)リース資産350(貸) 現金       350

 

2.期末に減価償却をする。

 

普通に買った資産はどうしますか?

 

期末に減価償却しますね!

 

とりあえず上の例にしたがって3年で償却しましょうか。

 

(借)減価償却費117/(貸)減価償却累計額117

 

3.リース債務の返済と利息を計上する。

 

お金を借りたら返済しますよね!

 

今回は350万円借りて

 

返す額を360万円としているので

 

年間返済額は350÷3年

 

利息は10(=360-350)÷3年とします。

 

(借)リース債務117/(貸)現金120.4
(借) 支払利息   3.4/

 

オペレーティングリース取引の考え方

 

今度はオペレーティングリースです。

 

これは何も難しくありません。

 

一言で言います。

レンタルです。

 

ん?どういう事?

 

最初にリースってのはTSUTAYAでDVD借りたり、レンタカー借りたりするのと同じと言いましたね!

 

これと同じ考え方でレンタルの処理をそのまま表現するのが、オペレーティングリース取引です。

 

普通に借りて、賃借料を払うという会計処理をするだけです!

 

なぜ違うのか。

 

先ほどのファイナンスリースだと

 

買っても、リースでも360万円の支払いでしたよね?

 

それはどっちも3年間使ったからです。

 

では1か月だけ借りた場合はどうしょう?

 

支払金額は月額レンタル料10万円のみです。

 

実際に買ったのと同じと言えますか??

 

ちょっと厳しそうですよね。

 

仮に1年間だとしても120万円ですので、買ったのと同じとは言い切れません。

 

なので「普通にレンタルした」と考えてレンタルの処理をします。

 

これを賃貸借処理と言います。

 

基本的な会計処理

レンタル料を1か月払ったと考えるだけなので

(借)リース料 10 / (貸)現金 10

となります。

まとめ

2つのリースの違いは?

・ファイナンスリース取引とオペレーティングリース取引の違いは会計処理の違い!
・ファイナンスリースはローンを組んで買ったと考える
・オペレーティングリースはレンタカーと同じ

 

最後に・・・

 

いかがでしたか?

 

今回はざっくりした違いについてお話しました!

 

もっと詳しい説明も今後追加していく予定です!!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-公認会計士・会計・ファイナンス

Copyright© ひでともブログ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.