公認会計士・会計・ファイナンス

公認会計士論文・財務理論の勉強法!苦手なら概フレから始めるべき理由

更新日:

スポンサードリンク

論文会計学の財務理論対策、あなたはできてますかー?

財理から目を背けると普通に落ちますよ!

こんにちはひでともです。

短答式試験の際には財務は理論よりは計算を重視してる人が圧倒的に多いですよね。

理論は選択肢があるもので、肢の中から正解を選んでいく作業ですし。。。

そして見事短答式試験に合格したあなたを待ち受けるのが論文会計学の財務理論です。

論文では理論の論述が出てきてどうやって勉強したら良いか悩むもの。。。

僕がは認会計士試験に合格した経験をもとに、財務理論で概念フレームワークが大事だと思う3つの理由とまずどこから抑えたら良いかについてお話します!

スポンサードリンク

僕が思う論述が苦手だった理由

今まで選択肢が記憶の引き出しを開けてくれるトリガーになっていました。

選べば良かったものを「〜とは?」とか定義聞かれたり、「基準の考え方」を述べたり、2つの基準を概念フレームワークの質的特性の観点から比較させたり。

こんな感じで自分からキーワードを引き出さなきゃいけないからグッと難易度が上がるんです。

はじめのうちは「資産の定義は?」と聞かれてもちゃんと解答出来ないのが普通と言えるくらい書けません。

資産の定義:
過去の取引又は事象の結果として、報告主体が支配している経済的資源を言う。

財務理論が出来るメリット

これは個人的な感想ですが、財務理論が出来るようになって点数に安定感が出ました。

計算は凡ミスで大きく失点することはありますが、理論ではあまりありません。

よほど論点がズレた解答ばかりしてしまわない限り基本的に得点のブレは少ないのかなと思います。

だから得点の最低ラインが確保出来て、計算ミスっても大丈夫なようになりました!

論文式試験の勉強法

冒頭でもお話ししましたが、論文式試験の論述は結構重要で、出来ないと落ちます

だから「計算で行ける!」と理論を舐めずにしっかり対策をするのがとても大事です。

僕が実践した方法はテキストを回せるように作り込む(資産化する)ことです。

そうする事で最初に頑張れば、そのあとはひたすら回し続けるだけとなります。

これだけで結構上位で成績を維持することが出来ちゃったりもします(笑)

この勉強方法には2つのポイントがあります。

要約」と「使い回し」です。

僕はこれらを実践することで、論述に不安を抱えることはなくなりました。

公認会計士試験の勉強法!僕が実践した資産テキストを作る方法。

論文式会計学でまず抑えたいポイント

お待たせしました。

それでは論文財理でまず抑えたいポイントについてです。

僕は概念フレームワークをしっかりやったおかげで財務理論が得意になりました。

概念フレームワークが重要な3つの理由

理由1.概フレは会計基準の基礎

僕はまず概フレを抑えました。

この概フレ、とても使い勝手が良いんです。

会計基準は概フレベースで作りましょうよという演繹的な方法で作られるからです。

考え方の基礎に概フレがあるんですね!

理由2.分からない問題への緊急措置用

個人的にはこの緊急措置用に使える知識というのが結構重要だと思います。

会計基準のベースが概フレですので、分からない問題が出ても対応可能です。

「とりあえず概フレの資産の定義でも書いとけ」と1点を稼ぎに行けます。

論文は短答と比べて素点が低めなので、1点を馬鹿に出来ませんし、会計学は財務と管理を合わせて300点の科目。

結果に与えるインパクトは他の科目の3倍です!!

会計学は1点を重ねて大負けしないのが鉄則

理由3.なんか書いてれば思い出す。

考えてても思い出せないのに、何か別の事をしだすと突如思い出すことってありますよね!

それと同じで全く手を動かせないと何も思い出せないのですが、書いてると「あっ!」と閃いたりします。

とりあえず書き始める道具としても概フレって便利です(笑)

概念フレームワークで覚えるポイント

資産・負債の定義

会計情報の質的特性

これ、ガッチリ抑えるだけで点数に安定感が出ると思います。

資産・負債の定義の覚え方

これは短いので正直丸暗記した方が早いかもしれないです。

資産の定義:
過去の取引又は事象の結果として、報告主体が支配している経済的資源を言う。
負債の定義:
過去の取引又は事象の結果として、報告主体が支配している経済的資源を放棄もしくは引き渡す義務又はその同等物を言う。

強いてコツがあるとするならば、「〜経済的資源を」までは全く同じということです。

「支配してる経済的資源が資産、それを引き渡す義務が負債」とセットて覚えるのが良いかもしれませんね!

これも要約と使い回しの一部です!

会計情報の質的特性

次に覚えるのは質的特性です。

意思決定有用性が屋根。

意思決定との関連性信頼性がそれを支える柱です。

そして柱の基礎となるのが、内的整合性比較可能性です。

解答する際は質的特性の観点から書く事が多いので、全部覚えるのが良いです。

しかし、敢えて優先順位をつけるのであれば比較可能性からだと思います。

経験上、一番よく使われる部分だと思います。

会計基準を作成する際はやっぱりIFRSなどの国際的な会計基準との比較も論点になります。

だから比較可能性が一番出やすいし、2つの考え方説明する際にも「国際的な会計基準との比較可能性の観点からも有用」みたいに使えます。

最後に・・・

今回はまず最初に僕が抑えたポイントについてお話ししました。

論文式試験全般に言えることですが、早い段階でしっかりと回すテキストを作り上げる事が、合格への近道だと思います。

論述は一度理解してしまえば定期的にサラッと復習するだけで問題なく書けるようになる反面、最初はどうしても時間がかかります。

そこでグッと堪えてスタートダッシュを決めれば合格間違いなしです!

僕の経験があなたのお役に少しでも立てれば幸いです!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-公認会計士・会計・ファイナンス

Copyright© ひでともブログ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.