ライフスタイル・節約術

ワイン初心者におすすめ!知っておくべき3つの基礎知識(黒ぶどう編)

更新日:

スポンサードリンク

みなさんこんにちは!

ひでともです。

今回は前回に引き続き、ワイン初心者におすすめ!知っておくべき3つ基礎知識(黒ぶどう編)として
知っておくだけで少しだけワインに詳しくなれたと感じられるよう、最もポピュラーな赤ワインのぶどう品種を3つ、お伝えします!


ワインの種類についてはこちらの記事に掲載しています。

ワイン初心者におすすめ!ワイン4種の基礎

スポンサードリンク

黒ぶどうと白ぶどう

ぶどう品種の説明をする前に、黒ぶどうと白ぶどうについて簡単に説明します。

ワインを作るぶどうには、黒ぶどうと白ぶどうがあります。
基本的に黒ぶどうから赤ワイン、白ブドウからは白ワインが作られます。

このあたりは前回の記事

でもお伝えした通りですね!

つまり、黒ぶどう白ぶどうという2種類のぶどう区分を知ることが、赤ワインと白ワインを知っていく上でとっても重要なんです!

では、さっそく黒ぶどうの代表格3種類を見ていきましょう!

カベルネ・ソーヴィニヨン

まずはカベルネ・ソーヴィニヨンです。

もうこのぶどうは赤ワインの中では定番中の定番の黒ぶどうです。
ある調査によると、世界で1300以上ある醸造用ぶどうの中で最も多く栽培されているそうです。

このぶどうで作る赤ワインの特徴は、濃い赤色でタンニンが強いためコクのある重厚な味わいです。

そしてカベルネ・ソーヴィニヨンで作るワインで最も有名な産地は・・・

フランスのボルドー地方です。

ボルドーという言葉はみなさん聞いたことありますよね!?
フランスの有名産地に関する記事は別の機会に書きたいと思いますが、このボルドーで作られる赤ワインは
タンニンが強い(≒渋みが強い)という特徴があります。

アメリカのカルフォルニアなどでも特によく栽培されているぶどうです。

メルロー

次はメルローです。

このメルローはカベルネ・ソーヴィニヨンと双璧をなす、ボルドーの最重要キャラです。
世界で2番目に多く栽培されているこのメルローから出来る赤ワインは、
カベルネ・ソーヴィニヨンと比較してタンニンが少なく、酸味も控えめ
口当たりがなめらかで香りが高く、人気の品種です。

ワインには単一のぶどう品種で作るものと、複数の品種を混ぜて作るものがあり、先ほど説明したカベルネ・ソーヴィニヨンは他の品種とブレンドすることが多いんです。

そして、そのブレンド相手の代表格がメルローです。

メルローは口当たりがよくなめらかな香りとお話ししましたが、カベルネ・ソーヴィニヨンがワインの骨格を作り、メルローがなめらかさや香りを加えます。

産地はカベルネ・ソーヴィニヨンが栽培されているところではだいたい栽培されているので
カリフォルニアなんかでもしっかり栽培されています。

ピノ・ノワール

最後に3つめ、ピノ・ノワールです。
カリフォルニアワインの発展を支えたアンドレ・チェリチェフがこんな言葉を残したそうです。
「神がカベルネ・ソーヴィニヨンを作り、悪魔がピノ・ノワールを作った」・・・と。

悪魔というとなんだか恐ろしい感じがしますが、その理由はピノ・ノワールの気難しい性格にあります。
カベルネ・ソーヴィニヨンに並ぶ赤ワイン品種の二大品種ではあるのですが、このピノ・ノワール、栽培が難しいんです。

暑さを嫌い、涼しさを好むのにある程度の日照がないちゃんと育たない。
さらに病気に弱いため、湿気が多いとすぐ病気になります。

世話の掛かるお嬢様ですが、ちゃんと育てると最高に魅力的なワインができます。

渋みは少ない代わりに、酸味がしっかりしており、最初はベリーの香り、熟成させると森の下草やキノコのような香りになっていきます。

このピノ・ノワールによって生み出される最高級ワインがみなさんご存知「ロマネコンティ」です。

最後に・・・

いかがだったでしょうか?

次回は知っておくべき白ぶどうの品種を3つ、お伝えします。

ところで

これまでお伝えしてきたぶどう品種ですが、「いったいどこを見れば良いんだ!!」と思っている方も多いと思います。

ぶどうの名前って実はワインボトルに貼ってあるラベルに書いてあることが多いんです。
ワインショップやスーパーなどでは価格表示なあたりに使われているぶどう品種が書いてあります。

もちろんレストランのワインリストにも書いてあるので、この中のブドウ品種が記載されていたら「カベルネか・・・」とつぶやいてみましょう!
それだけでワイン通な感じがしてきますよ!!

参考情報

サントリー ワインの基礎知識

未成年者の飲酒は法律で禁じられています。

未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒は20歳になってからにしましょう!

未成年のあなた!勉強することはできます!成人するその日まで、「ワインってどんな味なんだろう?」と楽しみしていてくださいね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-ライフスタイル・節約術

Copyright© ひでともブログ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.