ライフスタイル・節約術

傘が雨を弾かなくなった?ドライヤーで超簡単に撥水効果を復活させる方法!

更新日:

スポンサードリンク

こんにちは、ひでともです。

 

非常にツラく残念なお知らせです。

 

お気に入りの傘が水を弾かなくなりました。

 

雨が降ると布地がガッツリ水を含みダルンダルンになってしまいます。

 

この梅雨入りの瞬間になんという悲報・・・

 

これから梅雨明けまでこの湿った傘を使い続けるのかと思うとただでさえテンションの下がる時期なのに一層残念な気持ちになります。

 

あなたもお気に入りの傘が撥水効果を失ってしまって買い替えを検討したことありませんか?

 

撥水性がなくなると、骨組みが錆びたり、梅雨場はずっと傘が湿ってしまい臭くなったり、最悪です。

 

こんなんじゃ梅雨を乗り切れない!!!

 

何か簡単に出来る良い手段はないのか!!

 

と思って調べてみた所、

 

ドライヤーを使うと超簡単に撥水効果を復活できることが発覚しました!

 

スポンサードリンク

なぜ傘は水を弾くのか

 

買いたての水をよーく弾く傘。

 

どうして水を弾くのでしょう?

 

これだけ生きてきてそんなことすら僕は知らなかった!!笑

 

どうやら傘はフッ素加工が施されており、このフッ素加工の働きで水を弾くんだそうです。

 

このフッ素加工がされた新品の傘の表面は、蓮の葉のように細かい突起がたくさんついている状態です。

 

傘に付いた雨はこの突起と水の表面張力で、丸い水滴となってため、染み込まずに弾いてくれるんだそうです!

 

知らないところです凄い事が起きてたんですね(笑)

 

何故傘は水を弾かなくなるのか

 

では、逆に何故傘は水を弾かなくなっちゃうんでしょうか。

 

これは先ほどのフッ素の突起が、傘を使うことで布同士が擦れたり、人の手の油や汚れが付着したりすることで倒れてまうからなんですって。

 

こうなると突起がしっかり並んでいるときと違って水を支えられません・・・。

 

この突起が倒れてしまった状態がまさに僕のグッショリ濡れた傘なんですね。

 

傘の撥水効果を復活させる方法

ドライヤーで撥水性復活させる

手順はとっても簡単です。

 

1.傘を乾かす

濡れた状態からドライヤーで乾かすと恐ろしく時間がかかります。

 

家に帰ってきたらお風呂場などで傘を広げて換気扇などでしばらく乾かしましょう!

 

夕飯でも食べて少しのんびりしている間にある程度乾きます。

 

2.ドライヤーをかける

とにかくドライヤーをかけます。

 

ただし長時間同じ場所にかけ続けたり、至近距離から温風をあてると傘が傷むので気をつけましょう!

 

時間の目安:
サーッと傘の中心と外側を15秒~20秒かけて1往復

 

距離の目安:
傘から15cm~20cm離したところからあてましょう。
髪の毛を乾かす時だって至近距離にはしませんもんね!

 

これを全面にやります。

とっても簡単ですよね!!

さっそく僕の傘でやってみた

 

これが雨の中帰ってきたばかりの僕の傘です。

帰宅直後の濡れた傘

 

最寄り駅についたときには雨が止んでいたので若干乾いてはいますが、ぐっしょりと染み込んでいます。。。

 

そしてしばらく乾かした後、ドライヤーをざっと掛けたのがこちら。

 

 

これは、なんかいつも乾いてる時よりも行けそうな気が・・・

 

ではさっそく水滴を落としてみます。

 

期待に胸を膨らませつつ、、、、

 

ポタッ!!

 

ドライヤーで撥水効果復活

弾いた!!!

 

久しく見ていなかった丸い水滴が復活しました!!

 

やったーーー!

 

これで梅雨もしっかりお気に入りの傘で楽しめます!

 

これに加えて防水スプレーを掛ければさらに撥水効果が期待できそうです!

 

正直こんなに簡単に撥水効果が復活するとは思いませんでした。

最後に・・・

 

正直思った以上に簡単に、お気に入りの傘の撥水効果を復活させることができました。

 

お気に入りの傘が水を弾かなくなってがっかりしているあなたも試してみてくださいね!

 

ただし一つだけ注意点があります。

これ、超ウルトラスーパー大事かもしれません。

 

ビニール傘には効果がないどころか、多分溶けます。

 

おすすめの記事
>>梅雨の湿気!ジメジメの原因とカビ対策を徹底解説!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-ライフスタイル・節約術

Copyright© ひでともブログ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.