マネーライフ

投資信託初心者のための絶対に抑えたい基礎知識1

更新日:

スポンサードリンク

資産運用してますか?

こんにちは、ひでともです。

貯蓄から投資へ」そんな言葉を聞く昨今。

日経平均が2万円を超えバブル後最高値を更新したり、何かとちょっと景気の良い話が多いですね。

ここ最近は少し下落したものの、何となくここ数年は世の中から「投資を始めてみようかな?」という様な雰囲気を感じます。

実際僕の周りでも最近投資を始めたという人がよくいます。

ある程度貯金も出来たら預貯金では利息もほとんど付かないので投資で資産運用したいと考えるのが普通の考えになっているのかもしれません。

でも投資をしてみたいとは思ってもやり方がわからないし、損をするのではないだろうか・・・。

そんな心配から中々手が出ない人も多いと思います。

もちろん投資にはリスクは付き物です。

でも普通預金利息なんか100万円を1年預けても1円付く程度。

それなら少しリスクを取って、資産運用に一歩踏み出すのもアリじゃないでしょうか!!

今回は投資を始めるにあたって比較的簡単な方法である投資信託についてお話します。

スポンサードリンク

投資信託とは

投資信託とはそもそも何?

投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品
引用元:一般財団法人 投資信託協会 そもそも投資信託とは?

一般財団法人投資信託協会ではこの様な記載がされています。

つまり、「みんなからお金を集めてひとまとまりにして、集めたお金をプロが運用し、獲得した利益をみんなに還元する。」というのが投資信託です。

ただし株や債券とある事から分かるように、投資信託は元本が保証されていないので、定期預金などとは違って損をする可能性もあります
だからこそ投資信託は気軽に始めて欲しい反面、基本的な投資信託の仕組みを理解した上で投資して欲しいんです。

投資信託の4つのメリット

1、少ない金額から始められる

 

なんと言っても投資信託のメリットのひとつは少ない金額から始められる事にあります。

 

株だと購入単位が大きく気軽に買えない場合があります。

 

例えば日本を代表する超一流企業トヨタ自動車の株。

 

トヨタ自動車の株価は7,283円/株(18年2月23日:YAHOO!ファイナンスより)で100株から買うことができます。

 

つまり、現時点でトヨタ自動車の株を買うには73万円程度が必要になります。

 

投資を初めてするのにこんな額中々用意出来ないですよね・・・。

 

さらに、仮に手持ちのお金が80万円あったとしてもトヨタ自動にしか投資出来ませんので、この後説明する分散投資が全く出来ません。

 

それに対して投資信託はみんなから集めたお金で株や債券を購入します。

 

例えば1人1万円ずつ80人からお金を集めれば1万円でトヨタ株に投資できることになるわけです。

 

しかも今は100円単位から始められるものもあるので、気軽に投資が始められるのも特徴です。

 

投資家になれると思うと少しワクワクしませんか??

 

2、分散投資が出来る

 

さきほど少し触れましたが、分散投資が出来るのが投資信託最大のメリットです。

 

あなたは300万円持っています。

 

投資先の候補はA社・B社・C社という3つです。

 

仮にA社に300万円全て投資したとしましょう。

 

もし、このA社が倒産したらどうしますか?

 

300万円全てを失ってしまいます。

 

では仮に100万円ずつ各社に投資したらどうでしょうか?

 

A社が倒産してもB社とC社に投資した200万円は手元に残ります。

 

一般的に分散投資をする事によりリスクを抑える事が可能となります。

 

投資信託だと日本の上場株式全体に投資するなど、一人では出来ないような大きな分散投資を出来ることになります!

「たまごは一つのカゴに盛らない」と言うのがよくある分散投資の例えですね!

 

3、投資のプロ(専門家)が運用

 

投資信託は文字通り信じて託します。

 

誰かに基本的にお金の運用を人に託します。

 

その託す人とは誰でしょう?

 

投資の専門家です。

 

投資信託は金融や経済に精通した専門家が運用してくれます。

 

個人でそれだけの知識を身につけたり、それなりの規模の金額を運用する経験を積むことは中々難しいので、その様なプロに任せることが出来る点で安心出来ます。

 

4、透明性が高い

 

原則として毎日取引価格(基準価額)が公表されるため、資産の値動きを把握することができます。

 

さらに決算ごとに公認会計士(監査法人)による監査を受けているため、公表される決算情報の信頼性は高いんです!

公認会計士は、会社の決算書が正しく作成されている事についてを保証する国家資格保有者で、会計監査のプロです。

そんなプロが監査をしているので安心できるというワケなんです。
公認会計士とは?現役会計士が語る仕事内容と税理士との違い

投信のメリットまとめ

・少額から始められる。
・分散投資が出来る。
・プロが運用してくれる。
・透明性が高い。

以上の4点です!!

次回は投資信託のリスクとリターンとの付き合い方について、お話したいと思います。

投資信託のリスクとリターン投資信託初心者が絶対に抑えたい基礎知識2

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-マネーライフ

Copyright© ひでともブログ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.