ライフスタイル・節約術

TOEICリスニングが200点UP!僕の勉強方法を公開!!

投稿日:

スポンサードリンク

「TOEICのリスニングってどうやりゃいーんだぁぁああ!」

こんにちは、ひでともです。

あなたはTOEICのリスニングの勉強って難しいと感じていませんか?

実は僕もリスニングだけでなく英語」が「」苦手です(笑)。

ここにお越しいただいたあなたは、「TOEICのリスニングなんとかしたい!!」と思って来てくださったのではないでしょうか?

僕もなんとかしたいな、と思いつつも本気度は低めでした。

何故なら仕事が忙しい上に、やりたいことは山ほどあるからです。

筋トレもしたいし、趣味のワインも楽しみたいし。

呑気に英語だけに全力を出している場合ではなかったんです(笑)

なので、とにかく隙間時間に気楽にできる勉強方法を模索していました。

スポンサードリンク

英語が苦手な僕が勉強方法を模索した結果

こちらをご覧ください。

210点だったリスニングの点数が395点になっています

210点の方は昨年の3月ごろのもので、395点の方は2018年に入ってから受験した回のものです。

185点も伸びていました(笑)

英語が得意な方からしてみれば鼻で笑うレベルなのかもしれませんが、僕としては快挙と言うべき点数なんです!!

そして、既にお話した通り、1年間ガチで勉強してきたわけではありません。
そのあたりはこちらの記事でもお話しましたので、僕の勉強スタイルに興味のある方はご覧ください!
>>TOEICリスニングが200点UP!英語が苦手な僕の勉強スタイル

TOEICリスニングを200点アップさせた勉強方法

では、さっそく僕がTOEICのリスニングで200点アップを達成した方法についてお話します。

TOEICリスニング強化でやったこと

基本的にやったのを分類すると3つに分かれます。

TOEICリスニング強化勉強ポイント

①単語力を増やす
②公式問題を解く
③シャドーイングで復習

①単語力を増やす

さすがに単語力がゼロレベルではいくらなんでも死ぬだろうと思い、単語だけは面倒だな~と思いながらもやろうと決意しました。

使用した単語帳

キクタンTOEICTest【Score 600】

勉強方法

キクタンは本気でオススメです。

やっぱり単語力を身に着ける必要がありますが、音声なしでも単語を覚えないとリスニングでは全く役に立ちません
最初に全く音を聞かずにTOEICを受けた結果が、リスニング210点の回です。

知ってる単語のはずなのに、聞き取れなかったわけです。

すみません、話がそれて長くなってしまいました。
では、勉強方法に入ります。

「とにかく単語は通勤時間を使え!」

これに限ります。

電車で30分通勤する人なら、行きと帰りのどちらかではやると良いです。

手順は以下の通りです。

①まず1週間で一気に目を通す(1日100~200単語)

まずは、とりあえず目を通しましょう

特に覚えようとしないで、英単語に対して1つの日本語という感じの1対1で一気に確認していきます。ほかの意味もありますが、基本的に似た意味だったり品詞が変わった場合の意味なのでスルーしました。

1単語に複数個の日本語なんて時間かかるし、そこまでやる気がなかったというのが正直なところです(笑)

キクタンはだいたい1,000~1,200単語ほどなので、1週間あればだいたい見終わります

②次の週にもう1、2周目を通す(1日200~400単語)

翌週も同じような感じでパラパラ見て行きましょう。
2回目なので結構ペース上げていっても良いと思います。

③付属のCDを聞く(通勤中ずっと)

お疲れ様です。あとは通勤中はイヤホンから流れる英単語をひたすら聞いてるだけで良いです。

たまに意識して真似して口ずさむのも◎だと思います。

朝の通勤時間は疲れますからね!

ぼーっと音楽を聴くくらいの感覚で英単語を流しましょう。

単語勉強方法まとめ

と、まあ単語の勉強方法についてはこの程度のあっさり(意外と大変かも?)したものとなっています。
どうでしょう、なんとなくやれそうな気がしませんか?

②公式問題を解く

TOEICには公式問題集があるため、実際の問題の感覚を覚えるためにも公式問題集を解く必要があると思います。

僕は英語が得意でもないですし、専門家でもないので、どの問題集がおススメかは現段階ではわかりません。

とりあえず「公式」なんだからそれ解いときゃ良いんじゃね?というスタンスです。

いずれにせよ、「彼を知り己を知れば百戦殆からず」と言う孫氏の教えに従うと、まずは敵であるTOEICがどんな試験なのかってのを知っておく必要がありますよね!

ちなみに公式問題集には2回分の問題が入っているのですが、僕は時間的にも気持ち的にも公式問題集1冊が限界でした。

多分800点、900点目指すのであれば全部やるくらいの勢いが必要かもしれませんが、とりあえず取れればよいという意味ではだいたいこれくらいが気楽にできる限度じゃなしでしょうか。

③シャドーイングで復習

これが一番大事な部分かもしれません。

リスニング力アップのためにはシャドーイングが必須です。
これはちょっと頑張ってやらなければいけないので、面倒だなぁと思ってもやってくださいね!

どこかのサイトで勉強法を探していたら「シャドーイングしとけば満点余裕」って書いてあったので、そんなもんかなと、とりあえずやったらかなり実力アップを感じました!

このシャドーイングはリスニングのPART1からPART4のすべてに応用できますが、基本的にはPART3とPART4でやると良いと思います!
勉強時間ってどう確保するの?という方は朝活がおすすめです!
>>朝活最高!!1年継続した成果と朝活3つのメリット

シャドーイングの手順(1日目)

①問題を解いて採点
②解答のスクリプトを読まずに3回聞く
③スクリプトと訳を見て、文構造を理解
④スクリプトを見ながら1回聞く
⑤音読を3回
⑥スクリプトを見ながら再生
⑦スクリプトを見ながら音声と同じスピードで読む(5回)
⑧シャドーイング

シャドーイングの手順(2日目)

① ⑦のスクリプト見ながら同速度音読を5回
② ⑧のシャドーイングを5回

シャドーイングの手順(3日目)

① ⑦のスクリプト見ながら同速度音読を3回
② ⑧のシャドーイングを7回

①問題を解いて採点

これは普通にPART3、PART4を解いて、採点してください。

②解答のスクリプトを読まずに3回聞く

次は音声を3回聞いてください。

この際には解答のスクリプトは読まずに、何も見ない状態で3回聞いてくださいね!

多分3回聞いてもあまり聞き取れない場合も多いですが、それは当然なので、気にせず次のプロセスに進んでください。

③スクリプトと訳を見て、文構造を理解

ここで解答のスクリプト(日本語訳)を見てください。

そしてどのような英文だったのかと、和訳をざっと見て把握してください。

④スクリプトを見ながら1回聞く

では、ざっくりとした内容と話しの全体像は見えてきたと思いますので、再度スクリプトを見ながら一度音声を聞いてください!

話の内容をイメージしながら聞くと効果アップです。

⑤音読を3回

次に、先ほど聞いた音声のイメージを浮かべたままスクリプトを見ながら3回音読してください!

この際にわからない単語があれば調べましょう!
ちなみに、少し恥ずかしいかもしれませんが会話に登場する人物になりきって音読するとより効果がありますよ!

⑥スクリプトを見ながら再生

再度スクリプトを見ながら音声を再生して、先ほど音読した時に間違って発音していた箇所がないかを確認します。

これもなんとなくざっくりで良いと思います。

⑦スクリプトを見ながら音声と同じスピードで読む(5回)

ではスクリプトを見ながら、音声に合わせるように同じスピードで音読してください!

これは最低5回が目安です。

最初はぴったり合わせて読んで行けませんが、5回目にはある程度合わせて読み上げられるようになりますよ!!

ちなみに解答の横に「正」の字を書いて回数を数えると呼んだ回数がよくわかります!

⑧シャドーイング

さあ、ここからがシャドーイングです!

シャドーイングは音声を追いかけるように音読する方法です。

イメージ的にはかえるの歌の輪唱です。
「か~え~る~の~う~た~が~」
「き~こ~え~て~く~る~よ(か~え~る~の~う~た~が~)」

みたいな感じで音読していきます。

この時普通に音読するのではなく、ボソボソとつぶやくようにやるのがおすすめです。
慣れないうちは大変ですが、7割くらい追っかけられれば◎だそうです。

シャドーイング2日目

まずは、スクリプトを見ながら音声と同じスピードで読みます。
これを5回やりましょう!

次にシャドーイングです。
これも5回やってください!

シャドーイング3日目

3日目もスクリプトを見ながら音声と同じスピードで読みます。
今回はシャドーイングの比率を高めるので、3回です!

次にシャドーイングです。
3日目はグッと比率を増やし、7回やってください!

シャドーイング手順まとめ

どうですか?全部やるのは大変なので、PART3だけでも5問づつ1週間ほどかけてやるとかなりリスニング力が付きますよ!

シャドーイングは結構大変ですが、1週間だけ集中してやると効果が出るという意味ではやっぱりコスパが良いです。

なぜならあなたは各問で最低30回は音声を聞きながら音読しているからです!!

実際にこれをやると本当に実力が付いたなと実感できますよ!!

最後に・・・

いかがでしたか??

シャドーイングはちょっと大変ですが、少し頑張るだけでグッとTOEICのリスニングの点数があがります。

何度も言いますが僕はとても英語が苦手だったのですが、このような勉強を3か月くらい続けた結果、200点近く点数を伸ばすことに成功しました。

これを気にあなたも英語に取り組んでみるのもありかもしれませんよ!!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-ライフスタイル・節約術

Copyright© ひでともブログ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.