ライフスタイル・節約術

TOEICリスニングが200点UP!英語が苦手な僕の勉強スタイル

更新日:

スポンサードリンク

「リスニング、マジで苦手」

こんにちは、ひでともです!

リスニングが本気で苦手、そもそも英語もマジで嫌い。

そんなあなたに朗報です

英語は苦手でもある程度出来るようになります!!

何故こんなこと言うのかと言うと、僕は本当に英語が苦手だからです。

高校時代からずっと苦手でした。

とにかく全然点数が取れない上にリスニングもあんまりよく聞き取れません。

正直苦手意識がある上に、ちょっと勉強してもすぐには点数が伸びず、全然面白くなかったので勉強してなかったというのが正直な所かもしれません。

既に僕は朝活関連の記事でお話した通り、TOEICが400点台から700点くらいまで伸びました。
>>朝活最高!!1年継続した成果と朝活3つのメリット

だからこそ、英語に苦手意識を持つあなたにも自信を持って欲しいと思い、僕の勉強スタイルをお話しします!!

スポンサードリンク

TOEICの何を勉強したのか

僕は基本的に朝活とかそういった形で勉強するタイプだったので、それ以外の時間にはほとんど勉強していません

土日に勉強?休みの日になんでそんな面倒なことを!!というスタンスです。笑

※さすがにTOEICの前の週は毎日追加で1時間ほど勉強しました(←ずるい)。

 

と、言うのも何となく会社に受けろと言われて受ける上に、仕事に他にもやることが多くて面倒だったからです。

そのため、一番隙間時間に出来そうなリスニングをやることにしました。

読めても聞き取れなきゃ英会話にならねーだろ!という感覚です(笑)

TOEICリスニングはどの程度伸びたか

こちらをご覧ください。

下が昨年の僕のTOEICリスニングのスコアです。

そして上が今年2月下旬ごろに受けたTOEICのスコアです。

僕のスコアが450点→700点トータルで250点ほど伸びているのはお話したかと思います。

リスニングだけで185点伸びました。
要するにタイトル通り200点近く伸びたわけです(強引?笑)

はい、ほとんどリスニングの伸びのおかげです。

リーディングも確かに伸びてはいますが、65点です。

これは、今回は直前に超絶苦手だった第5問の文法対策をしたことに加え、リスニング強化でやった英単語の効果がリーディングでも出たためだと思われます。

それに第7問の長文は後半25問くらいは全てカンで塗り絵大会がラスト10秒で開催されたので、その時々の運で多少点数もバラつくはずです。

このようにリーディング対策はほぼゼロに等しいです。

TOEICリスニング強化の勉強スタイル

英語は話せるようになりたいな!!

そんな気持ちもありますが、世の中にはなんか気になることが多いですよね。

僕は会計関連の仕事をしているので、仕事として会計関連の勉強はもちろんの事、金融商品や仮想通貨・AIなどに関する本を読んでいます。それ以外にも小説も読みたいですし、趣味のワインの本とかも読んだりしたいです。

お腹も弛んでしまったので筋トレしたり、ランニングしたりと結構やりたいことがいろいろあるので、TOEIC受けるからと言っても英語だけに力を割く気は全くなかったというワケです。

なので、基本的にだらだら隙間時間や朝活で時々やることによって、少しでも伸びたら良いな!!

そんな気持ちのダラダラ勉強スタイルです(笑)

なので、本気で勉強したい!!!っという人には向かないかもしれませんが、基本的なリスニング強化の姿勢としては大きく外れるものではなかったとは思います。

TOEICリスニング強化で具体的にやったこと

TOEICリスニング強化でやった具体的な勉強方法は以下の通りです。

TOEICリスニング強化勉強項目

①単語力を増やす
②公式問題を解く
③シャドーイングで復習

①単語力を増やす

さすがに単語力がゼロレベルではいくらなんでも死ぬだろうと思い、単語だけは面倒だな~と思いながらもやろうと決意しました。

でもとっても面倒だったので1回さらっとみて、あとは音源聞きながら何回か聞きまわしたくらいです。

②公式問題を解く

こちらも本番の問題形式のイメージが出来なきゃいかんでしょ、ということでTOEICの公式問題集を解きました。

僕は英語が得意でもないですし、専門家でもないので、どの問題集がおススメかは現段階ではわかりません。

とりあえず「公式」なんだからそれ解いときゃ良いんじゃね?というスタンスです。

③シャドーイングで復習する

やっぱり勉強をこれまでしてきて、復習をしないと出来るようにはならないことが多かったので、もちろん復習はしました。

これは結構時間がかかって非常に面倒な作業ですが、やらないよりやった方が絶対良いです。
というかやらないと一句らゆるゆるスタイルでも無理なものは無理です。。。

第1問の写真見て解く問題は、ガッツリ復習する気にもなれず、何回か問題の音声を聞きながら回答の英文と日本語を見ていたくらいです。

やっぱりちょっと力入れて復習したのは第3問と第4問です。

どこかのサイトで勉強法を探していたら「シャドーイングしとけば満点余裕」って書いてあったので、そんなもんかなと、とりあえずやりました。

一番これが効いたかもしれません!

さらに詳細な勉強方法はこちらに記載しています。
>>TOEICリスニングが200点UP!僕の勉強方法を公開!!

最後に・・・

と、こんな感じのゆるゆる学習スタイルで185点ほどTOEICのスコアを伸ばした僕を見ていると、あなたにも出来そうな気がしてきませんか??

本気でお前苦手なわけじゃないだろ!という声が聞こえてきそうですが、残念ながら本当の本当に苦手です。

なので、僕がやった方法を取ればどんなに苦手な人でも最低限の伸びは期待できるんじゃないかなと思います。

今回はとにかく、英語が苦手でも出来ると思っていただくために、大まかな内容の記載となりました。

みなさんも、英語の苦手意識にとらわれずに勉強してみてくださいね!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-ライフスタイル・節約術

Copyright© ひでともブログ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.