ライフスタイル・節約術

タバコをやめたいあなたへ!やめられない理由と僕が禁煙に成功した方法

更新日:

スポンサードリンク

こんにちは、ひでともです。

ここ数年、喫煙者にはとっても厳しい世の中になってますよね。

飲食店も完全禁煙のところも増えてきました。

僕の地元の居酒屋は、「居酒屋なのに」禁煙でドン引きしたことがあります(笑)

そんな喫煙者への風当たりの強い昨今、タバコやめよっかなと思う人も多いですよね。

ここに来たあなたも「禁煙したい!」と思って来てくれたんだと思っています。

ありがとうございます。

禁煙外来に行ってどうのとか、世の中には禁煙ビジネスがいっぱいありますよね。

禁煙は根性だー!みたいな事言うこともありますが。。。

個人的には無理に我慢していきなり禁煙する必要はないと思います。

くまお
くまお

いきなり何言ってんの??

喫煙のデメリットをどれだけデータと共に示されても所詮は人ごと。

自分自身にやめる気がなければ絶対にやめられません。

くまお
くまお

え、そうなの?

このページに来てくださったあなたもそう思ってるんじゃないですか?

スポンサードリンク

僕のタバコとの付き合い

僕は大学生の時にタバコを吸い始めて、数年間吸い続けました、毎日欠かさずどんな時でも。

はじまりは、待ち合わせの時間に暇だった時に友人がタバコを吸いに行ったのについていったことでした。

なんとなく「カッコいい」という憧れもあったかもしれません。

それから5年ほどタバコ人生を歩んできました。

ちなみに現在は禁煙を開始して1年ほどたちますが、ほとんどタバコは吸いたくなくなりました

吸いたくなるのは思い出した時、映画やドラマのワンシーンをみたりしたときです(笑)

くまお
くまお

やっぱり吸いたいんじゃん!!

でもこれはタバコ吸い始める前から「なんか吸ってみたいな〜」と思っていた喫煙未経験状態の自分と同じ程度の欲求です。

我慢して乗り切るとかじゃなくて、ふと思うけど気がついたら忘れている、そんなレベルです。

今回は僕の禁煙開始からその後までについてをお話しします。

この記事があなたの禁煙の助けになれば良いなと思います!

禁煙を始める前に

所詮は他人事

喫煙には山のようにデメリットがあります。

寿命が短くなる
老けて見える
脳卒中、心筋梗塞を引き起こす可能性がある
ガンその他多くの病気の原因でもある
家族へも影響がある。

だからどうした!!

これが喫煙時の僕の感覚ですし、今でもそう思います

冒頭でもお話ししましたが、どれだけ科学的根拠を示されて、ドヤ顔でデメリットを指摘されても所詮人ごと。

知ってるけど吸っている。

ただそれだけの事ですよね(笑)

知ってて吸ってるなんてバカ丸出しだなと思われたって別に気にもしていませんでした。

分かっちゃいるけどやめられない」は根性がないと思われがちですが、別に人ごとなので特にやめる気がないだけの事なんです。

だからやめられなくても仕方ないんですよね(笑)

この感覚は僕の経験上、禁煙開始前によく理解して置いた方が気持ちが楽です。

最高の最後の一本など存在しない

人生最後の1本は、最高の1本にしてやめよう

そう思っていた時期もありました。

でもそんなものありませんでした。

20本入りタバコの最後の一本が都合良く人生最高のタイミングにやってくる事なんてありませんでした。

そもそも「人生最高の一本」が何をもって最高の一本なのかも分からないので、始めから存在しないゴールだったわけです(笑)

我ながらワケのわからない事を目指していたなと思います(笑)

タバコをやめられない理由

この2つの大前提があるので、多くの人はやめられないんだと思います。

もちろんニコチン依存症だからこそなのですが(笑)

タバコをやめて良かったと思うことランキング

色々いいつつも結局はやめた「タバコ」

まず僕が「タバコやめてよかった!」と思った事ランキングをお話しします。

第1位:タバコ買いに行く手間がなくなった
第2位:中身がラスト一本の時の変な焦りからの解放
第3位:集中力が増した
第4位:長時間タバコ吸えなくてもどうでも良い
第5位:トレーニングする気力が湧いて来た

 

第1位:タバコ買いに行く手間がなくなった

個人的にはこれ一番良かったと思ってます(笑)

何かのついでならまだしも、タバコ買うためだけにコンビニ行くのが面倒で仕方がないと思っていました。

禁煙してからは余計な手間もなくなり快適です(笑)

第2位:中身がラスト一本の時の変な焦りからの解放

 

「うわ、あと1本しかなかった…」
「ああ…しまった。家に忘れた…」

なんてこと誰しもあるはず。

箱を開けたら全然中身が入っていなかったり、鞄の中に入れたはずが入っていなかったり・・・

そんな時に限って近くに売ってなかったりするんですよね。

タスポ持ってないと自販機も使えず、謎の焦燥感がありました。

そんな感覚から無事脱出!

これもかなりデカいと思ってます。

第3位:集中力が増した

 

タバコ吸ってた時は「やっぱタバコ吸ってると集中できるわ〜」と思っていました。

 

今は分かります。気のせいです。

約2時間に一度「タバコ吸いてぇ」と思ってタバコ吸いに行きます。

そうすることで気が散り、効率が下がります。

 

今ではトイレにでも行きたくならない限り作業に没頭しています(笑)

第4位:長時間タバコ吸えなくてもどうでも良い

 

2~3時間ノンストップの研修や会議、喫煙所のないお店などなど、、、

世の中にはタバコを長時間吸えない時が必ずやって来ます。

そんな時に「うわ、まじかよ…」と思わなくて済んだのでストレスフリーです。

第5位:トレーニングする気力が湧いて来た

タバコ吸ってると「どうせタバコ吸ってるし」と体を鍛えたり体力が衰えても気にしませんでした。

今は「タバコやめたしガンガントレーニングするぞ!」という気持ちになり、各日で筋トレをし、土日はランニングを軽くするなど、運動を積極的にしています。

特段食事制限していないのに体重も減り、体脂肪率も20%から16%ほどまで落ちてきました。

トレーニングして体が元気になったおかげか、物事へのやる気もグッと高まりました!

具体的にタバコをやめた方法

 

僕がタバコをやめるときに考えていた順番があります。

1. まず自力での禁煙を試みる。
2. 自力が無理なら禁煙外来へ

この手順でやろうと決めました。

自力でやめられるならお金もかからずお財布に優しいですからね!

結果的に「1」だけで禁煙に成功しました。

手順1:タバコをいつも通り最後まで吸う

 

いつも通りタバコを1箱空くまで吸いました。

ベストは月曜の昼頃に吸いきれる日を狙うと良いですよ!

え?いいの?と思いますが、どうせこの箱が終わったらやめるんだから良いと思って吸いました。

残ったの捨てるのもったいないじゃないですか(笑)

禁煙」と身構えるのではなく、気楽に挑めばOKだと僕は思っています。

手順2:とりあえずやめてみる

 

吸いきったらとりあえず我慢してみましょう。

「ま、今日くらい我慢してみるか」という気持ちでOKです。

初日は数時間すると吸いたくなりますが、とりあえず我慢してみましょう。

手順3:第一の波、3時間後

 

禁煙がつらくなるのはの付く時ってよく言いますよね。

最初の3時間後は「通常のニコチン切れ」サインでタバコを吸いたくなります。

これは通常のことなので、グッとこらえましょう。

フリスク食べたり、タバコ吸いたくなったら歩いてみたり、何となく誤魔化しながら耐えました。

ここを超えられれば禁煙への道を大きく歩みだせたといえます!

手順4:禁煙開始1日目

少しタバコ吸いたい欲求が収まります。

他の事に気が散り始めるので、比較的楽です。

タバコの事を考えない、絶対煙を回避するのは不可能です。

即死ぬわけじゃないし最悪吸えば良いくらいの余裕のある気持ちで我慢しましょう。

手順5:禁煙開始3日目

体内のニコチンが完全に抜け切るのはこの辺りと言われています。

この3日目を乗り切ればあなたの禁煙ライフはほぼ完成したと言っても良いでしょう!

たしかにタバコを吸いたくなりますが、思えばそれは最初の数時間の頃と感覚的には対して変わらなかった気がします。

 

手順6:習慣・癖から脱出する

誰しも生活パターンや習慣があるもの。

僕は朝職場につく前にカフェによりタバコを吸って一休みしてから仕事に向かっていました。

あとは食後の一服とか寝る前の一服とか。

それぞれの生活習慣に紐づいた喫煙のタイミング」の習慣

こいつがやっかいで、ニコチンから解放されても習慣が押し寄せてきます。

食後になんとなく口元がさみしいってのは良くある話です。

生活習慣から「喫煙」が抜けて初めて禁煙成功です。

でもここまでこれたあなたなら大丈夫!

あとはなんとなくある習慣の違いの違和感が抜けるのを待つだけです!

禁煙期間中の注意点

タバコ仲間に気をつけろ

タバコミュニケーションなんて感じでタバコ仲間っていますよね。

彼らはあの手この手で僕たちを誘惑してきます(笑)

今でも良い友達たちですけど。

禁煙の時には敵です!

なので、「禁煙してるんだ」などと言おうものなら妨害が入るのは必至。

とりあえず「のどの調子が良くない」とかそれっぽい理由をつけて喫煙所に行くのを避けましょう

 

僕はのどの調子が良くなくてタバコ控えていて、そのままなんとなくやめたという体で未だにいます(笑)

最後に・・・

ここまで読んでいただきありがとうございました。

あくまで僕のやり方ですので、強要はしませんが、実際にそれでやめられたんです。

よく「根性論」を聞きますが、「ま、いざとなりゃ吸えば良いのさ」くらいのゆるーい気持ちでいた事がかえって良かったのかもしれません。

自分でどうしてもやめられない方は、とにかく禁煙外来に行ってみるてください!

まずは自分で試してみる。

失敗しても上手くいっても、学びになります。

では、みなさんの禁煙ライフが成功することを祈ってます!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-ライフスタイル・節約術

Copyright© ひでともブログ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.