マネーライフ

【初心者向け】資産運用で大事な3つのポイント

投稿日:

スポンサードリンク

みなさん、こんにちは!

ひでともです。

今回も初心者向けの内容ですが、投資を始めたばかりの人やこれから始めようと思っている人、普段どんな風に資産運用について考えていますか??お金が関係する以上、資産運用との付き合い方って案外大事なことなんですよね。その付き合い方を一歩間違えると大変なことになりかねません。
今回は資産運用をする上で大事な3つのポイントをお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

1、卵は一つのカゴに盛るな

これは以前、分散投資のお話をする中で取り上げた内容ではありますが、手持ちの卵全てをひとつのカゴに乗せると、そのかごを落としてしまった際にすべて割れてしまいます。これを回避するために複数のかごに分けて乗せるんです。従って、投資も、国内株だけに投資するのではなくて海外株や国内外の債券・REIT、コモディティ(エネルギーや農作物)など、さまざまなものに分散投資しましょう!
これを少額での投資で実現してくれるのが投資信託です。
つまり資産運用との付き合い方その1は分散投資をしましょうということですね!

2、リスクと上手に付き合う

これも以前に説明した通り、ローリスクならローリターン、ハイリターンならハイリスクというリスクとリターンの関係は絶対です。
ローリスクハイリターンな商品というものはあり得ません。
存在しないのです。うまい話には裏があるのを忘れない様にしましょう!

その上で少しでもリスクを減らす方法を考えていきたいと思います。

⓵分散投資

これはもうおなじみですよね(笑)
何度も何度も見ているので「いい加減にしろ!」って感じかもしれませんが、何度も出てくるというのは非常に重要なことなのでご容赦ください・・・。

⓶長期保有

みなさんは資産運用をするときに何を考えて投資を始めましたか?
老後資金を貯めるため、家を買うお金を用意するため、結婚資金を貯めるため。。。
などなど、将来のために投資をする理由が多いんじゃないかとと思います。

基本的に投資のプロでないのであれば、短期の相場変動に一喜一憂して売ったり買ったりすべきではないのです。
なぜなら短期の相場変動は一時的要因により大幅に変動することがあり、下手にその動きに乗っかってしまうとだいたい損をする結果となります。

これが長期になればなるほど、短期的な変動は平準化されて、この短期の変動リスクは少なくなるといわれています。

⓷時間の分散

時間の分散は、手持ちのお金を一度に投資するのではなく、毎月5,000円など一定額ずつ分購入時期を分散することによって一度の投資金額を抑えることができます。定期的に一定金額で投資信託を購入するドルコスト平均法という手法が有名ですが、この方法に基づき投資していくというのも一つの手です。

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法とは、購入価額の平均を引き下げるために行う投資方法です。
方法としては毎月5,000円のように一定の期間ごとに一定の金額を投資し続けていきます。

【例】
仮に手持ち資金15,000円を投資すると仮定した場合に⓵最初に全部投資する場合と⓶5,000円ずつ3か月間投資する場合とを比較するような現象が起きます。
⓵最初に全部投資する場合
1月に200円/株だった→75株買える
15,000円で合計75株買える→購入単価は200円/株

⓶5,000円ずつ3か月間投資する場合
1月に200円/株だった→25株買える
2月は250円/株だった→20株買える
3月は100円/株だった→50株買える
15,000円で合計95株買える→購入単価は約158円/株

いかがでしょう?やや極端な例ですが、このようにドルコスト平均法により投資すると同じ金額でも1株あたりの購入額を抑えることが出来ていることがわかると思います。
ただ、経済が将来に向けて変動しつつも成長し続けることを前提に考えると、その時点で持っている余裕資金があるのであれば、すぐに買うべきという考え方もあります。あくまで、今持っている余裕資金の範囲で・・・ですので、我々のような一般人は毎月一定額を買っていくドルコスト平均法が無難でしょう。

3、投資の目的は何なのか

資産運用を始めようと思ったら投資の目的を明確にすべきです。
例えば相場が急に上がってきていて、ここで買わなきゃ損だ!!!と思って焦って買ったらそこが一度頂上でちょっと大きく下落したことに焦って即座に売却して損を出してしまう。なんてことはよくある話ですよね。

ようするに短期で楽して儲けたい!!!と我々のような一般人が色目を出すとろくなことにならないというわけです。長期保有のところでも書きましたが、将来の目的のために買うわけですから、そういった目的をしっかり決めて、ブレずに投資することが大事なんですね!!

ただ、まとまったお金が急遽必要になったら損を抱えていても躊躇なく売却しましょう。これは経済評論家で資産運用を専門にしている山崎元氏もその著書で述べていますが、この含み損を抱えた状態でも必要に迫られてぱっと売り払える人は案外少ないそうです。僕自身その時に本当にそんな決断を出来るかわかりません。間違いなく一瞬は迷います。でもお金は使うための手段です、その時にはしっかり決断したいものですね!

最後に・・・

ここまで資産運用との付き合い方についてお話しましたが、いかがでしたでしょうか?
僕も偉そうに話してしまったもんだなぁと思いますが、自分への戒めの意味も込めて書いてみました。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-マネーライフ

Copyright© ひでともブログ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.