ライフスタイル・節約術

夏の咳にご用心!?夏型肺炎患者が増加中!その原因と対処法!!

更新日:

スポンサードリンク

「ゴホゴホッ…ゴホッ」

「ゴッホ・・・ゴホゴホっ」

こんにち・・ゴホッ・・失礼しました、ひでともです。

あなたは梅雨から夏に掛けて咳が止まらないなんてことありませんか?
(突然治る)

それ、夏型肺炎かもしれません。

肺炎と言えば冬のイメージかもしれませんが、実は最近夏型肺炎(夏型過敏性肺炎)と言って夏場に起きる肺炎の患者が増加しているそうなんです。

今回は、そんな梅雨から夏に引き起こす夏型肺炎についてお話します。

第1回:夏の咳にご用心!?夏型肺炎患者が増加中!その原因と対処法!!
第2回:意外と怖い!?カビが引き起こす病気と対策!
第3回:梅雨の湿気!ジメジメの原因とカビ対策を徹底解説!!

スポンサードリンク

夏型肺炎の症状は?

夏型肺炎の主な症状は咳、発熱とだるさにあります。息切れなども夏型肺炎の特徴で、通常の肺炎と同様、風邪に似た症状なんです。

ただし、夏型肺炎の最大の特徴として、旅行や帰省などで家をしばらく離れると咳が治まったり、軽くなり、家に戻ると再び咳が出るようになる点にあります。

つまり、風邪のような症状でも自宅を離れると症状が落ち着くような場合には夏型肺炎を疑う必要があります。

そのため、夏に咳が続くときは帰省などの際に自分の体調の変化に気を配ってみる必要があります。

では何故、「自宅にいる時」に症状が出てしまうのでしょう。

夏型肺炎の原因は?

夏型肺炎の主な原因は「カビです。はい、あなたもよく知るカビによるものなんです。原因の4分の3を占めるのが、トリコスポロンというカビの一種が放出する胞子を繰り返し吸い込むことによる肺の内部でアレルギー症状を起こすもので、これが夏型肺炎です。

この病気の怖い点は、風邪と似た症状のため放置しがちな点にあります。さらに、病院でも風邪と診断されてしまうケースが多く、抗生物質によって一時的に症状が治まっても翌年の夏にまた症状が出てしまいます。

これを繰り返す内に慢性化し、肺機能が徐々に衰えてしまい少しの事で息切れを起こしたり、さらに悪い場合には肺が萎縮し、最悪の場合呼吸不全を起こすといった危険な状態になりかねません。

ではなぜ、夏型肺炎が増加しているのでしょうか?

夏型肺炎の増加理由

本来このトリコスポロンというカビは風通しが悪く、日当たりも悪い古い家の中に多く発生しており、古い家などで見られることの多いカビでした。また、北海道や東北などの寒冷な地域ではあまりみられない種類です。

しかし、最近は機密性の高いマンションが多くなっており、意外と風通しが悪く、室内の湿度が上がりやすいというカビが繁殖しやすい環境となってしまっています。なので北海道や東北などでも室内の環境はカビが繁殖しやすい状態になっているため、十分な注意が必要となります。

このような現代の家の構造を踏まえると、やはりカビが発生を抑えるように、可能な限りの対策をとる必要があります!
その他のカビに起因する病気についてはこちら

意外と怖い!?カビが引き起こす病気と対策!

具体的なカビ対策

では具体的なカビ対策に入っていきます。まずはカビ対策の基本からお話していきます。

カビ対策の鍵は湿気対策

もう、これは言うまでもありませんが、カビ対策の鍵はとにかく湿度対策です。

カビが発生するの条件とは?

カビは以下の条件が揃うと発生しやすくなってしまします。

カビ発生3つの条件

・栄養
・温度
・湿度

栄養湿度温度この条件が揃うとカビが発生しやすくなってしまします。

このうち私たちが比較的に容易にコントロールできるのは湿度のみです。「しつど」ですよ?温度とPCやスマホだとぱっと見見分けがつきません(笑)

確かに栄養分も汚れをふき取ることでかなり除去可能ですが、カビは種類によって違いはあれど、ゴムやプラスチックなども栄養にしてしまう種もいるので栄養素のコントロールは案外難しいんです。

さらに温度(こっちは「おんど」ですよ!)ですが、カビは5℃~35℃の間でも問題なく生きられます。カビが普通に生きられる温度に人間が快適と感じる温度帯も含まれてしまっており、これ以上でもこれ以下でも暑すぎるし寒すぎますので温度でカビ発生をコントロールという方法も少し難しいんです。

空気は循環させる(換気)

やはりカビ対策にはこまめな換気です!また、湿気を持った空気は湿気が少ない空気より重いので、低い場所(シンク下や押入れ)に溜まりがちです。窓とドアを開けて空気の通り道を作りこまめに空気を循環させて部屋の空気をかき回しましょう!扇風機を使用するなどして風を送り込むと、より効果的に部屋の換気を行うことができますよ。

さらに具体的なカビと湿気対策はこちら!

梅雨の湿気!ジメジメの原因とカビ対策を徹底解説!!

最後に・・・

夏型肺炎の原因はカビ!意外と見落とされがちなポイントですよね。やはり日本の夏はカビには最高の環境のようですね・・・。油断していると結構怖いということをお伝え出来ていれば幸いです。今回の内容を踏まえて、一緒にカビ対策を進めていきましょう!!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-ライフスタイル・節約術

Copyright© ひでともブログ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.