ライフスタイル・節約術

意外と怖い!?カビが引き起こす病気と対策!

更新日:

スポンサードリンク

「う、うわぁっ!?カ、、カビてる…」

こんにちは、ひでともです!

ふとした瞬間にお風呂の隅を見たとき、リビングにおいてあった食べ物を見たとき、カビが生えていた経験って誰もがしたことありますよね!

そんな僕たちの生活の中に当然のようにある「カビ」ですが、意外と侮ってはいけないんです。

今回はもうすぐ梅雨がやってくる事も踏まえ、そんなカビが引き起こす病気と対策についてご紹介していきます。
第1回:夏の咳にご用心!?夏型肺炎患者が増加中!その原因と対処法!!
第2回:意外と怖い!?カビが引き起こす病気と対策!
第3回:梅雨の湿気!ジメジメの原因とカビ対策を徹底解説!!

スポンサードリンク

カビの引き起こす病気

夏型肺炎

近年、「夏型肺炎」と呼ばれる肺炎が流行っているそうです!!

その原因となるのが「トリコスポロン」というカビの胞子です。そしてこの胞子が引き起こす肺炎やアレルギーによる過敏性肺炎(=夏型過敏性肺炎)「夏型肺炎」なんです。

このトリコスポロンは古木や畳などで発生しやすく、これまでは古い家に多く見られました。このような家は多くが風通しが悪かったり、日当たりが悪かったりして「湿度が高い」ためと考えられています。

しかし、最近では機密性の高いマンションが増えてきており、風通しが悪化することなどで、カビの繁殖に適した環境になってしまっているんです!

そう、知らず知らずのうちに室内にカビの胞子が大量に舞っているのかもしれません・・・

恐ろしいですね。

食中毒

梅雨など、夏に近づくにつれて食品は傷みやすくなってきますよね!細菌やウィルス性の食中毒は有名ですが、実はカビが原因の食中毒もあるんです。

カビの中にはカビ毒といって、毒素を作り出す困ったカビが存在しています。

一般的な細菌性・ウィルス性の食中毒の場合だと、食後1〜数時間で嘔吐や下痢に見舞われますが、カビによる食中毒だとこのような急な症状は出ません

症状が出ないのであまり目立たず、認識されていないカビによる食中毒ですが、既に300種類以上のカビ毒が発見されており、実際に健康被害も出ています

特にアフラトキシンと呼ばれるカビ毒は、発がん性が高く非常にやっかいなカビです。ただし、日本の農産物が汚染されている可能性は低いものの、主に熱帯や亜熱帯に多く存在しているため、これらの国からの農産物には注意する必要があります。

一方で、温帯から寒帯ではアカカビが問題となっており、気象条件によっては麦に大量発生し、その麦を食べた豚が流産を起こすなどの被害が確認されているそうで、人間への影響も心配ですよね…

カビ毒は調理で対処可能?

実はカビ毒は熱に強く、加熱調理では死滅しません…

全てのカビにおいて上記のような即時に健康被害をもたらすようなものがあるわけではないと思いますが、実際に夏型肺炎やアレルギー症状を起こす原因や軽度の健康被害を引き起こす原因ともなるカビ。

健康のためにも、カビ対策は事前に発生を抑制することです

カビの発生原因は?

カビは以下の条件が揃うと発生しやすくなってしまします。

カビ発生3つの条件

・栄養
・温度
・湿度

栄養、湿度、温度この条件が揃うとカビが発生しやすくなってしまします。

つまり、この3つに気を遣えばカビの発生を抑制することが可能になるという事です!!

栄養

カビは何でも栄養にしてしまいます

実はプラスチックですら分解してしまう酵素を持っており、だいたいの物を栄養として取り込んでしまいます。

しかし、とにかく食べ物などの汚れをふき取り清潔にすることで、ある程度防ぐことができます

温度

これのコントロールは難しく、カビは5℃~35℃の環境でも成長速度に差はあれど、活動して増殖します。

人間もこの温度の範囲内の20℃前後が快適に過ごせる温度なので、この外側では快適に暮らせません。

温度のコントロールはやや難しいかもしれませんね。

湿度

確実に努力でコントロールできるのは、湿度ですよね!

カビは湿度70%を超えると急激に増殖し始めます。

なので湿度を抑えることがカビ対策で最も重要です。

ポイントとしては、浴室などはしっかり換気扇を回し、寝る前には軽く濡れている所をふき取るなどをすることで大幅にカビの発生を抑えられます

また、押し入れやシンクしたなどはドアを定期的に開け、扇風機などを使用して頻繁に風を通すことで一部に湿気を多く含む空気がたまり、カビが発生することを防ぐことが出来ます。

より具体的な対策はこちら!

梅雨の湿気!ジメジメの原因とカビ対策を徹底解説!!

最後に・・・

いかがでしたか?

カビが原因の病気・・・結構怖いものもありましたよね!

でも恐れることなく、日ごろの湿気予防をすることが大切です!
何より、湿度が高すぎるとジメジメしてあまり快適とは言えない環境になってしまいますもんね!

快適な生活とカビ予防、換気の徹底で両方手にすることができるのであれば一石二鳥だと思いませんか?

是非みなさんも実践して、快適な生活と健康を維持してください!!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-ライフスタイル・節約術

Copyright© ひでともブログ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.